ぎっくり腰

ぎっくり腰は重いものを持とうとした時やくしゃみをした時に急に痛みが現れ、ひどいときはシビレを伴ったり、動けなくなるくらいの強い症状がでる腰痛です。

正式には急性腰痛といい、別名「魔女の一撃」とも呼ばれます。

 

原因は日常生活で少しずつ溜まっていった腰への負担が物を持った時などに許容量を超え、腰の筋肉が異常に緊張してしまうことによるものです。

 

日常で溜まっていった腰への負担は通常はしっかり休息をとれていれば抜けていきますが、姿勢不良、運動不足、睡眠不足、水分不足、栄養バランスの乱れなどによって回復せずに蓄積されていくことで、やがて痛み(危険信号)として現れるのです。

 

病院や整骨院での一般的な対応は、病院ではレントゲンを撮り、骨折がなければシップと痛み止めを処方され、安静を指示され帰されてしまいます。整骨院でも電気とシップだけの対応のところも多いようです。

 

なぜぎっくり腰になってしまったのか?

そこの根本的な原因を解決しないと回復が遅れるだけではなく、ぎっくり腰を繰り返す原因になってしまいます。

 

当院では痛みの強い段階(急性期)では腰への負担を減らすために腰に関係の深い骨盤周りの施術を中心に行い、痛みが落ち着いてきたら再発予防も兼ねて全身の歪みやバランスを整える施術に切り替えていきます。

 

施術だけではなく早期回復や再発防止のためのアドバイスもさせていただきます。

安心してご来院ください。