オスグット

正式名はオスグットシュラッター病といいます。

 

成長期の10代のスポーツ選手に多く、膝のお皿の下の腱や骨(脛骨)に炎症を起こし、膝の曲げ伸ばし、しゃがみ込みやジャンプ時に痛みが現れます。

 

太ももの前にある大腿四頭筋は膝のお皿を通り、膝蓋腱となり脛骨につくので、スポーツなどで激しく筋肉が収縮を繰り返すことで、脛骨に引っ張られるストレスがかかります。症状が進むと膝の下が出っ張って(剥離して)、押すと痛みがあるのが特徴です。

 

一般的な原因として大腿四頭筋の固さが挙げられ、ストレッチと安静を指示されることが多いようです。

しかし、安静時はラクになっても復帰後は再発してしまう事も多く、ストレッチと安静だけではなかなか良くならないのがが実情です。

 

当院では患部だけではなく、股関節や足関節を中心とした体の歪み、重心バランスの崩れを調整して患部へのストレスを減らし、早期の競技復帰を目指します!

 

どこへ行っても良くならないオスグットはうえはら整体院にお任せください!